ホーム › ふるさと物産のちょっと言わせて! › 梅の歴史3(江戸時代)梅干しが家庭に浸透。「福茶」って知っていますか?
ふるさと物産のちょっと言わせて!

梅の歴史3(江戸時代)
梅干しが家庭に浸透。「福茶」ってご存知ですか?

江戸時代に入ると、どの家庭でも梅干しは漬けられ、一般の家でも広く食べられるようになりました。その頃の習慣に、今でも受け継がれている「福茶」というものがあります。皆様のお宅では、「福茶」を飲んでいますか?

江戸時代

梅の品種が著しく増えたのは江戸時代です。梅干しや梅エキスが作られ始め、一般の家でも広く食べられるようになりました。
大晦日や節分の夜になると「福茶」という、梅干しに熱いお茶を注いだものを飲んでいたそうです。 この習慣は現代にも受け継がれています。

福茶とは?

昆布・黒豆・山椒・梅干しなどを入れたお茶で、大晦日・正月・節分などに縁起を祝って飲みます。
「昆布はよろこぶ」「豆はまめまめしく働く」「梅は松竹梅や四君子花などに入っている縁起のいい花」といった、すべて縁起物で、お正月三が日、この福茶を飲んで一年間の無病息災を願います。

○ 福茶の作り方(材料は湯のみ1杯分)

・塩昆布(または昆布の佃煮)…2枚
・梅干し…1個
・豆(黒豆や節分の豆)…3粒(豆は3つというのが慣習)
・お湯…適宜
湯のみに材料を入れ、沸かした熱湯を注いでできあがり。
「焼き梅」や「お砂糖」を入れたり、お湯ではなく「ほうじ茶」「緑茶」を注いだりと、色々なバリエーションがあるようです。(中には、栗きんとんを入れるなんていうお宅も!?)
あなたならではの「福茶」で、祝ってみてはいかがでしょうか。

商品のご紹介 商品一覧へ

木樽シリーズ

  • 紀州の梅

  • はちみつ漬け

  • はちみつしそ漬け

こだわりシリーズ

  • 晩稲梅(12)

  • 晩稲梅(20)

  • 晩稲梅はちみつ入(12)

  • 晩稲梅はちみつ入(20)

ご家庭向け商品

  • ご家庭用紀州の梅

  • ご家庭用はちみつ漬け

  • 食べくらべ三色

お楽しみコーナー

梅レシピ
いつもの手順に梅干しを加えたおいしい健康メニューです☆
ふるさと物産のちょっと言わせて!
梅干しの豆知識やこだわりの数々をご紹介!

インフォメーション

  • 企業情報
  • 特定商業取引法の表示
  • 個人情報保護に関する基本方針
  • お客様の個人情報について
ふるさと物産企画センター(株式会社ポパル)は、社団法人日本通信販売協会(JADMA)の生会員です。

関連サイト

ポパルオリジナルラベル酒オリジナルラベルの入った日本酒の通信販売。
ページのトップへ